Bundeswehr Airsoft & Milsim ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

Bundeswehr Airsoft & Milsim
ドイツ連邦軍 装備 エアソフト & ミルシム

2017年12月31日日曜日

2017年撃ち納めサバゲー at F2PLANT

今年最後のサバゲーということでF2PLANTさんの撃ち納め定例会に参加してまいりました。ゲームするぞ!というつもりで行ったのですが、装備もそれなりに着ないとモチベーションも上がりませんよね?というわけで、それなりに着ていきました。





(Mollebeltの上に黒いヘッドキャップが引っ掛かって乗っていた事にうっかり気が付かなかった失敗)
CP CombatShirt AC 5ftd Replica
Leo köhler Einsatzkampfhose
LHT Plattenträger Gen.Ⅲ
LHT G36 Einzelmagazintasche Gen.Ⅱ *2
LHT G36 Doppelmagazintasche Gen.Ⅱ
LHT Schrotpatronen Tasche 18er
TAG MBITR Pouch
LHT Mehrzwecktasche mit Reißverschluss
LHT Ladungstasche
LHT 40mm 4er Tasche
LHT EinzelWerkzeugtasche
LHT Modularer Ballistikgürtel
Eagle Industries Extraction Quick Release Belt Replica
LHT Pistolen Einzelmagazintasche 2er
LHT Langwaffenhalterung
BHI SERPA Lv.2 USP(w/G-Code Beltslide)
Combat ID Thermal Panel(TIP13)
LHT Abwurfsack Gen.Ⅱ
CP AirFrame Helmet Replica (w/CP Cover)
BHI S.O.L.A.G. Full Finger Gloves with Kevlar
Vtac Cobra riggers belt
BHI Long Personal Retention Lanyard
(w/Petzl William Screw Lock Carabiner)
MERRELL Chameleon3 Stretch

11月の「Zero Operator at ROCK254」でもやりましたKSK ブリーチャーです。インドアなので前回よりシチュエーションは合いますね。
初めて使うアイテムが1つ。
BHI Long Personal Retention Lanyard


書籍KSK Bilderより、左の上下Crye AC MCの教官が使用している
まぁ使用例はこれだけでしかも教官だし微妙なんですが、KSKのセーフティーリテンションランヤードの再現は仲間内でもみな苦労していまして、最もよく使われているEagle Industries Helicopter Restraint Tetherが民間のショップでは軒並み長期在庫無し、カタログ落ちしたのか民間に売るのをやめたのか入手が難しい現状でKSK装備の仲間もみな似たような何かしらの代用品を使っているという現状です。
Eagle Industries Helicopter Restraint Tetherの使用例。
KSK使用でKONG Tangoカラビナが付いたODカラーのやつはほぼコレというぐらい定番

私もEGBでは使用例のあるTangoの付いたコヨーテのYates製を今まで使っていまして、本命が入手出来るまでの代用ですがチョイスの幅を広げてみました。組み合わせたPetzlのカラビナも格好良いので満足。

というわけで、本年は病気をして家族、友人や同僚のありがたさを再認識して健康や生活についても考えましたし、皆様のご協力でRAIJIN DRUMS'17の企画実行を始め、色々と装備合わせ等の遊びにもお付き合い頂いた年でした。ありがとうございました。
来年もKSK Bilder合わせ、授業参観’14合わせ、RAIJIN DRUMS'18などなど私のやりたい事をどんどん企画提案実行して、付き合ってくださる皆様に甘えさせて頂きつつ楽しい事やってやろうという気持ちですので、よろしくお願い致します。
それでは良いお年を!

2017年12月20日水曜日

第11回 ドイツ祭り at Village1&2 Teil 2

12/9~10に行われた第11回ドイツ祭り参加してまいりました。(1日目
2日目、本日から参加される方々が次々到着するなか身支度を整えV1フィールドへ移送されて行きます。


元気よく飛び出してくる若い芋達。


装備とかバラバラなんですけど、こういう絵良いですね。



集合写真等。
カメラマンなどを除いたほぼ全員集合
予想より火柱が小さくなってしまった特殊効果
陸に上がったKampfschwimmer若妻さん
こういったサバゲでは見られない装備も祭りならでは。
バイエルン州SEK Fさんとマルメの鷹さん
マルメの鷹さんは「日本のドイツ」な北海道から参戦
Scharfschützen Teamのきつねさんとみはしさん
ひえぇ、てっぽうがめちゃめちゃつよい
そうこうしてる間にケータリングチームが朝からひたすら調理してくださっていた昼食が出来上がりました。私もこの時を最大限楽しむため急遽支給品飯盒を購入しました。

飯盒の正しい持ち方も再現

上:ソーセージ入り豆やら何やらのトマトスープ
左:プンパニッケル2種 マッシュポテト
右:ベジタブルミックス ザワークラウト
食事を終えたところでV2フィールドに移動して各々撮影など。

久しぶりに登場のBHI風ダミーフーリガンツールとP8で窓を破って進入の図




 2日目は京都から参加のはいごさんが例の11年のK-ISOM記事の373EGB装備とのことで私も合わせませした。
しげもりさんも同じく373EGB。Narumiさんは261EGBのLHT Gen.Ⅲプレキャリカルテット

Leo köhler Einsatzkampfbluse
Leo köhler Einsatzkampfhose
LHT Plattenträger Gen.Ⅲ
LHT G36 Doppelmagazintasche Gen.Ⅱ *2
LHT G36 Einzelmagazintasche Gen.Ⅱ *2
LHT G36 Doppelmagazintasche Gen.Ⅲ
LHT Pistolen Einzelmagazintasche 2er
LHT Abwurfsack Gen.Ⅱ
LHT Funkgerätetasche Gen.II
LHT Mehrzwecktasche mit Reissverschluss
BHI SERPA Lv.2 USP & JacketSlot
Vtac Cobra riggers belt
Yates safety Retention Lanyard
ZEBRA ARMOUR SF Helm
BW Nomex Gloves
HAIX Airpower P9 Desert


全体を再現はポーチ不足で無理なので左カマバンの配置だけ再現。
ドッペルマグポはGen.3で合ってるんですがダンプの色が...
ピストルマグポも片方フラップ外せば良かったですね。
折角なので、こんなこともやらせてもらいました。

ナイフを所持する危険人物を捕縛するバイエルンSEK
BW支給品のパーカーライナーが「犯人役」っぽくていいかなと。
坊主頭ですが政治的意図は全くありません、ほんとに。
そんなわけで各々やりたい事で盛り沢山な第11回ドイツ祭り、非常に楽しかったです!
お疲れ様でした!

第11回 ドイツ祭り at Village1&2 Teil 1

 12/9~10に行われた第11回ドイツ祭り参加してまいりました。
今回は「ロングレンジdeドイツ祭り」と題して、1日目は夜間ロングレンジパトロールごっこが行われました。
偵察チームは制限時間内に事前に指示された幾つかのポイントをアグレッサー役のパトロールに発見されずにチェックして周り、敵本部を一定時間観測し帰還する。パトロールに発見されたら即終了という内容。

V2セーフティにて、まずMG3さんによるNATOの基本的な分隊フォーメーションなどについて講義を受けます。
今回は時間がないので触りだけとのことでしたが、頂いた資料を見るとちゃんとやるには丸1日でも足りないほどですね。
V2フィールドにて射撃姿勢、交互躍進の練習。
装備を整え出発準備。

偵察チームは各4名の2チーム。事前に相談していた参加者はKSKベスト、スモック、アトラス(リュック)等FSLK200的コーデで統制していました。しかし初めての本格的ごっこ遊びなのにこのコスプレ重視の装備で臨んだのが間違いでした。パンパンに膨らませてライフルをくくりつけたリュックが肩にくい込み体力を奪います。


チェックポイントの指示をマップに書き込みます。



Feldjägerの誘導でV1フィールドに移動。ゲートからフィールド入り口まで焚かれた発煙筒で雰囲気が盛り上がります。




ポイントマン役で後述のNVGをお借りしたのですが、初めての体験で視界の狭さからフィールドに入ってすぐ方角を見失ってしまいました。なかなかピントを合わせる事が出来ず、以後はほぼ裸眼でチームメイトに方向を指示して貰って何とか進むといった感じ。
敵パトロール役の方々も話し声で接近をアピールしてくれたり、発見しても見なかったふりをしてくれたりと手加減してくれまして、なんとかポイント2箇所をチェック。
残り時間を考えて撤退しましたが制限時間オーバーで減点となりました。
接近する敵パトロールの話し声やライトの光が本当に怖くて、じっとしゃがみ込んでやり過ごそうとしている時の緊張感は素晴らしかったですね。実際は発見されちゃってるんですが。
コンパスは手首とベストの胸に、赤色ライトも胸に付けていたのですがNVGで手元はピントが合わず見えないので、伏せ目で隙間から確認出来る位置にライトやコンパスがあるようにもっと調整が必要でしたね。無線の不備もありチームメンバーが密集していないとコミュニケーションがまったく取れないのも反省点でした。
今回はお試しというか、これがうまく出来たら最高といった目標を体験してみるといった具合で、次は装備を見直し連携などもっと練習をして、まずは明るい時間からやってみようということになりました。



Leo köhler Einsatzkampfbluse 
Leo köhler Einsatzkampfhose
BW Wahler Scharfschütze smock
 Heim Multifunktionsweste(KSK weste)
Mil-tec Boonie Hat 5ftd (Short brim)
BW Nomex Gloves
HAIX Airpower P9 Desert
Berghaus Munro
Berghaus Atlas2

ポイントマンは敵との接近遭遇に備えてサプレッサー付きが望ましいとの事からMP5SD6をお借りしました。発見されたら終わりなので逃げるために撃つということですね。(今回のごっこでは発砲の必要がない為全員パワーソースもBB弾も持ち込んでいません)
ダウン寝袋等を詰め込んで膨らませたAtlas2にMunroを親子亀状態に載せて、保険のG36KA2を横にくくりつけました。


 FSLK200参考画像



お借りしたNVGはノルウェーのSimrad Optronics社製のGNという物です。今はラインメタル社の傘下なんですね。(製品パンプレット.pdf)

終了後は懇親会。私は直接確認しなかったのですが、今回はネット生中継があったようで和やかな雰囲気が伝わればなによりですね。そして2日目へ

2017年12月3日日曜日

「重サバ 4th」 at 千葉HEADSHOT

 前回書きました「アフガンごっこFINAL」の翌日、同じく千葉HEADSHOTにて行われました「重サバ 4th」に参加してまいりました。連日ですがメインのギアからパンツベルト1本まで全く異なる装備でしたので、2日分を別々に用意出来ました。
ゲームも全て出まして楽しませていただきました。HEADSHOT、フィールドとして面白いですよね。「アフガンごっこ」も参加皆勤でしたが「重サバ」もですね。次回も是非参加させて頂きます!主催のMakoさん、参加者の皆様お疲れ様でした。

装備の方は、元々装備合わせの予定があったんですが全員分が揃わないアイテムがありまして延期ということで、急遽MC被服+Gen.Vプレキャリでという事になりました。


左から若妻氏、私、とうげんきょう氏



CP AC Combat Shirt MC
CP G3 CombatPants MC
LHT Plattenträger Gen.Ⅴ
LHT G36 Einzelmagazintasche mit Pistolen*2
LHT G36 Doppelmagazintasche Gen.Ⅳ*1
LHT MBITR Tasche
LHT Trauma Kit
LHT Universal Granatentasche klein
LHT Mehrzwecktasche mit Reißverschluss schmal
LHT 40mm 2er Tasche*2
LHT Abwurfsack klein
BHI SERPA Lv.2 USP(&G-Code Beltslide)
Ops-core fast ballistic helmet Replica
Petzl cordex puls glove
LHT Cobra riggers belt
Yates safety Retention Lanyard
MERRELL Chameleon3 Stretch

モチーフは2014年にウルズラ・フォン・デア・ライエン国防相がKSKの展示を視察した、正式なイベント名が分からなくて「2014のライエンのアレ」とか「2014のKSKのアレ」とか呼ばれているアレ(某氏より「授業参観2014」と命名頂きましたので今後それでいきたい)の演習展示に参加している隊員です。







ライエン国防相をエスコートしているかなり特殊な装備のエリート感溢れる隊員やその並びにいる数名の隊員達はアップの画像もありかなり有名ですが、今回は演習展示に参加している隊員を参考にしています。
建物屋上にファストロープ展開しているチームから、グローブは厚手のPetzl Cordex Plusをチョイス。フロントパネルにダブルデッカーマグポを配置しました。

背面は2Lハイドレーションポーチ等が未入手ですので、地上展開の隊員の背面を参考に何も付けずにすっきり。パンツベルトに直付けの40mmフラバンポーチとダンプポーチを配置。


バランス的に右カマバンが寂しかったので自作ダミーDM35を入れたLHT Universal Granatentasche kleinを付けました。

この年以降になるとARC'TERYX、LHTの被服の登場や銃のヴァリアントがKA4になったりと再現がだいぶ厳しくなってきます。私としてはこの辺りが現状出来そうな最新ですので、未入手アイテムを補完して再現を充実させていきたいですね。もちろん先も見据えて'15のアイテムも適宜収集しつつなんですが。

次回は「ドイツ祭り」の記事になります。